Rubocopでコードを自動修正する

Rubocopでコードを自動修正する

特定のコードスタイルを修正する

展開するものがないときにダブルコートを使用している

rubocop --only=StringLiterals -a

その他の修正コマンド例

rubocop --only=SpaceInsideBrackets -a
rubocop --only=SpaceAroundOperators -a
rubocop --only=SpaceAroundBraces -a
rubocop --only=SpaceInsideParens -a
rubocop --only=SpaceInsideHashLiteralBraces -a
rubocop --only=SpaceAroundEqualsInParameterDefault -a
rubocop --only=HashSyntax -a

Rubocop で修正のポイントを集計する

どういった指摘ポイントが多いのかをざっと調べることができて便利
(単に個々の指摘ポイントの差異(数値など)を潰してカウントとるだけ)

$ rubocop --rails -f s  > rubo_result.txt
$ grep -v "^=="   rubo_result.txt| sed 's/[0-9][0-9]*/##/g' | sed "s/'[={}+-]*'/##/g" |sed 's/^[WC]:/#/g' | sed 's/..*#: //' |  sed 's/ - ..*/ - ##/g' |sort | uniq -c |sort -r